どんなときも名探偵

作者→杉山 亮
絵→中川 大輔

ないよう1→<事件>しゅじんこうのミルキー杉山は、さいきん探偵の仕事がなくてサンタのいしょうをきてアルバイトをしていた。次の場所へいこうとしたらごうとうが入って…!?

ないよう2→<事件>雪がふった次の日、おばあさんからとられた魔法びんをとりかえしてほしいとお願いされて…

かんそう1→(犯人はサンタクロースのかんそうです。)
自分が犯人だとばれないために、黒い手ぶくろをしたり、お金をうばうために、木でできたにせもののピストルを作ったり、犯人が色々なしかけをしていたので、手ごわかったです。

かんそう2→(ふしぎなあしあとのかんそうです。)
犯人がまだ家にいたので、びっくりしました。